アマゾンVSヤフオク 転売で有利なのはどっち?

ヤフオク

アマゾン  VS  ヤフオク

どうも、リゲルです!

 

転売をするには仕入れる場所と販売する場所が必要ですよね。

その販売する場所について考えてみたいと思います。

自分でネットショップを作っている人もいますが、今回は多くの人が転売で利用するAmazonマーケットプレイスとヤフーオークションを比較してみたいと思います。

 

次の5つの項目で比較してみました。

 

1 販売できる商品の種類の豊富さ

2 売れやすさ

3 高く売れやすいのはどっちか

4 効率性

5 販売戦略の立てやすさ

 

 

1.販売できる商品の種類の豊富さ

まず1の販売できる商品についてですが、両方とも基本的にはだいたいの物は販売することができます。

Amazonは本やCD・DVDのイメージが強いですが、今では家電や化粧品なども普通に販売されています。

なので、普通に既製品を横流しするだけの転売ならどちらも同じと言えます。

しかし例外的な物、例えば何かの購入特典だとか自作の商品を販売する事まで考えると断然ヤフオクの方に分があります。

ヤフオクは規約違反にならない物であれば何でも出品できちゃいますからね。

なので、1に関してはヤフオクの方が有利だと言えます。

 

 

2.売れやすさ

次に2の「売れやすさ」ですが、これははっきりとした答えを出すのは難しいです。

流行の商品であればどちらでも即売れしますし、Amazonで売れやすい物もあればヤフオクで売れやすい物もあります。

ジャンルとしては、本は断然Amazonの方が売れやすいです。

服や靴などはヤフオクの方が売れやすいです。

中古品の場合、実際のダメージがどの程度なのかがより重要になってくる物ほど、ヤフオクの方が売れやすい傾向にあります。

これはヤフオクの場合実際に販売する商品の写真を販売ページに掲載できる強みですね。

ただ、新品商品の場合はあまり関係ないです。

ということで2に関しては、甲乙付け難いですね。

 

 

3.高く売れやすいのはどっちか

3の「高く売れやすいのはどっちか」ですが、販売戦略によって変わってきますがしっかりと戦略を練って販売するのであれば、ヤフオクの方が高く売れる率が高いように感じます。

基本的にAmazonの場合は最安値が売れやすいので価格競争が激しいです。

ヤフオクは入札者が競り合って値段が上がって行く仕組みなので、写真や商品ページをしっかり作っておけばAmazonの最安値より高く売れることはよくあります。

そして手数料がヤフオクの方が断然安いです。

なので、ある程度しっかりとした方法で販売するのであれば、ヤフオクに分があると考えています。

 

 

4.効率性

続いて4の「効率性」ですが、これは即答でAmazonです。

両方使ったことがある人ならわかると思いますが、ヤフオクはとにかく手間がかかります。

出品用に商品の写真も撮らなければいけないし、売れたら売れたで落札者との取引連絡をしなければいけません。

その点Amazonは高い手数料を払っている代わりにそのような煩わしい雑務をしなくて済みます。

写真もいらないし、売れたら購入者の情報が送られてくるので、そこに商品を発送すればいいだけです。

基本的には購入者との連絡は一度もしないで取引が完結します。

更にFBAというAmazonの発送代行サービスを利用すれば、予め在庫をAmazonの倉庫に送っておけば売れたら勝手に購入者に送ってくれます。

このFBAというサービス、今はかなり手数料が高くなっているのですが、在庫を持たなくていい点や売れた後の発送の手間を考えれば、手数料を払ってでも利用する価値はあります。

本格的に転売でAmazonを利用するのであればFBAは必須とも言えます。

FBAはAmazonから発送されるという信頼もあり、自己発送のライバルよりも売れやすかったりしますし、在庫で部屋が狭くならないし、何より半自動で販売できるのが大きいです。

ということで、4は断然Amazonです。

 

 

5.販売戦略の立てやすさ

最後に5の「販売戦略の立てやすさ」ですが、これは断然ヤフオクです。

4の項目でヤフオクは手間がかかると言いましたが、逆に言うと手間がかかる分差別化がしやすいです。

Amazonで差別化しようと思ったら主にコメント戦略くらいですが、ヤフオクだとコメントはもちろん写真の撮り方やセット販売などいろいろとやれることが多いです。

ちょっとしたオマケをつけて落札価格を上げることもできますし、Amazonよりも指名買いが多いです。

つまりリピーターを作り易いのです。

Amazonの場合はほとんどがそのとき限りの取引になってしまいます。

なので、5はヤフオクが有利です。

 

 

まとめ

まとめてみるとヤフオクの3勝1敗1分という結果になりましたが、だからといって「ヤフオクを使いましょう」と言っているわけではないのです。

あなたのスタイルで選べばいいのです。

僕はいろいろと戦略の立てられるヤフオクの方が好きなのですが、効率を重視しているので現在はAmazonFBAをメインで利用しています。

薄利多売だと完全にAmazonでFBA」鉄板だと思います。

(Amazon販売なら「せどり風神虎の巻」のノウハウが最強です)

ただ、商品によってはヤフオクで売ることもありますし、利益の最大化を考えるなら両者をうまく使い分けられるのが理想ですね!

 

扱っている商品の特性やあなたの生活スタイルによってどう使うかを考えてみてください^^

 

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人


いろんな仕事をやってきて、気が付いたらまだいろんな仕事をやっていたリゲルです。
ヤフオクのストア企業に勤めたりもしましたが、一番好きな仕事はWebサイトの作成&運営。
WordPressが大好物で、いくつかのサイトを運営しています。

ビジネス

  1. ランサーズ

    2016-3-30

    そろそろクラウドソーシングについて一言いっとくか

    在宅ワーカーにとっての強い味方「クラウドソーシング」。 フリーランスとしての働き方が広まってき…
  2. 5つ紹介

    2016-3-21

    メルカリで実際に売れた物とその価格を5つ紹介するよ

    フリマアプリ業界をブッチギリで突っ走る絶好調のメルカリ。 僕もメルカリでは売ったり買ったりして…
  3. ラクマVSメルカリ

    2016-3-18

    ラクマとメルカリを比較した結果、結局どっちを使うべきか

    ラクマとメルカリは同じフリマアプリとしてよく比較されます。 この2つのアプリ、使ってみるとわか…
ページ上部へ戻る