「ビブリア古書堂の事件手帖」のせどり屋から学ぶ未来型せどり

せどり屋

どうも、リゲルです!

 

今回はテレビドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」に登場する“せどり屋”の姿から感じた「未来のせどり」についてです。

このドラマでせどり屋の志田さんという人物はあくまでも脇役なのですが、せどらーにとってはやはり気になる存在なので注目して見ているせどらーさんは多いようです。

現代のせどらーの姿とはだいぶ違うのですが、そこから未来のせどりに必要になるかもしれないヒントを感じることができました。

 

現代の本せどらーというのは、ビームを使って片っ端から高速でスキャンしていく“パワープレイ”が主流なのですが、少し前まではビームは少数派で普通の携帯電話を片手にピコピコとISBNコードを入力していくスタイルが主流でした。

 

しかし「せどり」の本来の手法というのは、豊富な古本の相場知識を元に古本屋で「完全目利き」で本を仕入れて、適正価格で買い取ってくれる古本屋さんに横流しするというものなのです。

つまり商品の相場を知らずに低価格で販売している古本屋さんで安く買って、本来の価値である高額で販売している古本屋さんに高く買い取ってもらうということですね。

これが元祖古本せどりです。

ドラマに出てくるせどり屋もこのスタイルだと思います。

 

そこから徐々に進化して現在のスタイルになったわけですが、「時代は回る」という言葉があるように、これからは徐々に「目利き」の時代になってくるのではないかと予想しています。

すぐに、というわけでもないでしょうし、Amazonで販売する場合はAmazonの相場が基準になるわけですから、携帯片手にというスタイルは恐らく変わらないでしょう。

しかし今のパワープレイスタイルがいつまでも続くとは考えにくいです。

今でこそほとんどのブックオフはビームを使っても問題ないですが、そのうち禁止になる店舗は増えてくるかもしれません。

既に禁止の店舗は存在するわけですし、高知県では県内の全店舗でビーム禁止という情報もあります。

福岡の方では「せどり禁止」となった店舗もあるようです。

そういう傾向から、徐々に禁止店舗が増えていってもおかしくないのです。

ブックオフが方針転換して全面的にビーム禁止にしたらビーマーは仕入れが出来なくなります。

逆にピコらーは今まで通りやっているだけでも稼ぎやすくなるでしょうね。

ピコらーがビームを持てばレベルアップしますが、ビーマーがピコらーになるとレベルダウンする場合がほとんどです。

ピコでもある程度稼げていて、その後ビームを導入した人なら対応できると思いますが、それでも収入は減る可能性が高いですね。

 

じゃあどうすればいいか?

 

これは対応策は一つではないですね。

 

1.今から徐々に目利きの練習をする。

2.ビームを使わなくてもいいような他のジャンルに挑戦してリスクヘッジをする。

3.せどりから他のビジネスに移行する。

 

他にもあるとは思いますが、今回はこの3つについて話していきます。

 

一番現実的でないのは1ですね。

もちろんこれを極められればかなり強いのですが、現在ビームで稼いでいる人はなかなかビームを手放せないと思います。

効率が悪くなり目先の利益が減ってしまう可能性が高いからです。

そして極めるまでがかなり大変で、途中で諦めてビームに戻ってしまう人が多いでしょう。

目先の利益が減っても、将来的に多く稼ぐことに投資できる人向きの対策ですね。

 

 

2は一番手っ取り早い対処法かもしれません。

一つのジャンルで安定して稼げるようになれば、リスクヘッジとして他のジャンルに幅を広げて行くというのは鉄板です。

同じ転売であればある程度要領は同じですし、本で稼げている人なら少し勉強すれば稼げるようになると思います。

単純にジャンルを変えるだけでなく、売り方を変えれば仕入れ方も変わってくるので、そういう対策も考えることができればかなり幅が広がってくると思います。

その辺のノウハウは僕も実践しているので、メルマガで公開していきますね。

ということで、2はこれからもせどりで稼いで行きたいという人には向いている対策です。

 

 

3は、僕が一番お薦めする対策ですね。

どうしてもせどりが好きで続けたい人は2の対策がいいと思いますが、そうでなければ3を考えた方がいいです。

正直ハードルは高いですが、せどりで月10万円くらいでも稼げていればあとはやる気次第で可能性が広がります。

僕はせどりからアフィリエイトに移行している途中なのですが、現在はせどりとアフィリエイトの2つのキャッシュポイントを持つことで、

 

「せどりができなくなったらどうしよう・・・」

 

という不安から解放されています。

せどりができなくなればアフィリエイトで頑張ろうと思うだけなのです。

これによって精神的余裕ができるのが一番大きいですね。

元々金銭的余裕が欲しくて始めたせどりで、ずっと精神的不安を抱えているのはおかしな話ですからね。

 

 

まとめると、今後せどりはビームが禁止なったり、今より更にビーマーが増えて同じことをやっているだけでは稼げなくなるので、今から対策を練っておきましょうということです。

その中でもせどりからアフィリエイトに移行するというのは、結構現実味のある話なので挑戦する価値はあると思いますよ。

 

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人


いろんな仕事をやってきて、気が付いたらまだいろんな仕事をやっていたリゲルです。
ヤフオクのストア企業に勤めたりもしましたが、一番好きな仕事はWebサイトの作成&運営。
WordPressが大好物で、いくつかのサイトを運営しています。

ビジネス

  1. ランサーズ

    2016-3-30

    そろそろクラウドソーシングについて一言いっとくか

    在宅ワーカーにとっての強い味方「クラウドソーシング」。 フリーランスとしての働き方が広まってき…
  2. 5つ紹介

    2016-3-21

    メルカリで実際に売れた物とその価格を5つ紹介するよ

    フリマアプリ業界をブッチギリで突っ走る絶好調のメルカリ。 僕もメルカリでは売ったり買ったりして…
  3. ラクマVSメルカリ

    2016-3-18

    ラクマとメルカリを比較した結果、結局どっちを使うべきか

    ラクマとメルカリは同じフリマアプリとしてよく比較されます。 この2つのアプリ、使ってみるとわか…
ページ上部へ戻る